2008年08月16日

会社を休職しています。

かなり久しぶりのブログになります。

実は5月末に体調をくずして6月から会社を休職しています。

今は療養中です。

取り急ぎご連絡まで。
posted by アンクルマサ at 13:05| Comment(30) | TrackBack(0) | 社会不安障害克服日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

疲れているときは緊張しやすい

最近疲れているせいか、

今日ミーティングの場面で緊張してしまった。

なんとかのりっきった。

そのあと5時過ぎに急に体調がよくなる。

緊張は夕方のピークを過ぎるとなくなるのを
思い出した。
ラベル:ブログ 日記
posted by アンクルマサ at 17:52| Comment(15) | TrackBack(0) | 社会不安障害克服日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の体調

今日午前中は息苦しさと首のうしろの緊張があるが、

いそがしくてそんなこといってられない。


いろいろ症状はあるが、自分に目をばかりむけていても
しょうがない。

目を他のところに向けて行こう。

posted by アンクルマサ at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会不安障害克服日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

家に帰ってきてからの仕事

今日は早めに帰ってきて

家で仕事作業の続きをしている。

会社にいると体調が悪くて作業が進まない。

家に帰ってくると、体調はよくなるが、
やる気が出ない。

でもそんな勝手なことばっかりいっていられないので
締め切りが近づいている作業をしている。

もう少しがんばろう。

サザン活動休止ということで残念。
posted by アンクルマサ at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会不安障害克服日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

息苦しさと首のうしろの緊張

今日は会社に来ている

息苦しさと首のうしろの緊張がある。

でもなんとか大丈夫。


今の仕事を続けていくかどうか本当に悩む。。。

サザン活動停止、私も引退したい。。

やめて少し休みたいが、
家族もいるのでそう簡単にはいかない。


やめるのであれば転職か。。。

しばらく休んで薬をやめてから次の仕事に行きたいが、

とりあえず転職してから様子をみて薬をやめるという
方法もあると思う。

posted by アンクルマサ at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会不安障害克服日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

今日は会社にきた

今日は会社にきた。

体調不良で研修を休んでしまったことを
所属長に報告する。

かなりおこられると思ったが、

体調大丈夫?という感じでぜんぜん責められなかった。

ありがたい。

体調はまだ完全には回復してはいないが、
なんとか午後乗り切りたい。



ラベル:日記 ブログ
posted by アンクルマサ at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会不安障害克服日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

心療内科へ行ってきた

今日いつも通っている心療内科にいってきた。

胸焼けの薬を2週間分もらう。

これで様子を見てくれとのこと。

体調は少し復活してきた。

週末は夜間作業があるのでとりあえずその準備をして
備えよう。

今後のことはそれから考えよう。


posted by アンクルマサ at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会不安障害克服日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日も休んだ

今日も体調が優れないので休んだ。


胸の不快感はだいぶとれた。


やはり精神的につらいという感じだ。。

できれば夕方いつもいっている心療内科に行こうと思う。



posted by アンクルマサ at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会不安障害克服日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

気分は最悪

おとといくらいから調子が悪かったのだが、

昨晩より胸やけの強い感じがあり、

夜よく寝れなかった。

朝になっても胸の不快感はかなり強かった。

今日と明日泊りがけで研修があったのだが、

体調が悪いため休んだ。。。

所属長に薦められて申し込んだ研修だったのに、
休んでしまった。。


今日一日寝ていたがまだ胸の不快感はある。

2月に同じような症状があったときは
いろいろ調べたが、結局
自律神経の問題であろうといわれたので、

今回もストレスによる自律神経の問題だと思う。

これから所属長との関係どうしよう。。

ああ、

もう会社をやめたいとも考えるが、
とりあえずゆっくり休もう。

神様、助けてください。
posted by アンクルマサ at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会不安障害克服日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

疲れている時は無理しない+コーヒーはダメ

今日少し息苦しさがあったのに無理して遅くまで仕事した。

甘いものがほしくなったので、
普段は飲まない砂糖入りコーヒーを買う。
(コーヒーはほとんど飲まないので
かなり久しぶり)

その後帰りの電車で調子が悪くなった。

吐き気とふらつき、息苦しさ、パニックといったところか。

途中の駅で降りてしばらく休んでいた。

30分ほどたっただろうか、すいている電車がきたので
すかさずのり帰ってくる。

今体調回復。

調子が悪いときは無理をしないで早めにかえる。
コーヒーは飲まない。(コーヒーアレルギーかも。。)
posted by アンクルマサ at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会不安障害克服日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5/12

今日は夕方くらいから息苦しさあり。。。

なんとか仕事しています。

早く帰りたい。。。
posted by アンクルマサ at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会不安障害克服日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

5/9 午前

今日は部署のセクションミーティング

昨晩より予期不安あった。

ミーティングの最初の方はわずか緊張したが、

後半は内容に夢中になり、症状はほとんど
気にならなく、楽しかった。

遠慮しないで参加することが大切なのかも。。。



posted by アンクルマサ at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会不安障害克服日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5/8

朝通勤途中に少し息苦しさあり


日中 座りながら右足のかかとをあげて
   力を入れ続けているので、右足先が少ししびれる

夕方
  首の後ろが凝る感じがけっこうきつい

総評:症状は多少あるがふつうに生活できる
posted by アンクルマサ at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会不安障害克服日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

現在(2008/4/28)

さて、前回まで1999年からの社会不安障害の症状をまとめてきて、やっと現在にきました。

現在は毎日パキシルを1錠飲んでいます。

症状は受け入れられる程度で
仕事には集中できています。

その他疲れたときに電車の中で息苦しさはあります。
これも受け入れられる程度の症状。

食事は今の事業所は基本的に弁当中心なので
あまり問題ありません。

仕事中の息苦しさはここ1ヶ月くらいはありません。

ただ、症状というのは波があるのでしばらく様子を見ます。

この後の日記は現在治療中の私の経過を随時更新していきたい
と思います。
posted by アンクルマサ at 19:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 社会不安障害克服日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

治るとはどういうことか

社会不安障害に対する考え方


社会不安障害がどうやったら治るかということに
ついてずっと考えてきました。


最近思うのは、

「10ある症状を0にすることはむずかしいけど、
3にして、日常生活をきちんとおくれている状態」

これを薬なしでおくれる状態で
あればそれは治っている状態なのかなと思います。

日常生活をきちんとおくれるという基準を具体的にどこに
おくかはそれぞれちがってくると思います。

私の場合は

  • 症状があっても受け入れられる状態で

  • 仕事(通常作業、会議、研修等)に集中できて

  • 会社での食事もふううの量食べられる




といったところでしょうか。

不安症を持っている人は10か0という考え方をする人
が多いので、その中間点もありという考え方をしてみては
いかがでしょうか。
posted by アンクルマサ at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会不安障害克服日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

薬を忘れた時の症状

薬を忘れた時の症状


パキシルを2錠(20mg)を飲んでいたときです。

ある晩飲むのを忘れたまま寝てしまいました。

そして夜中の3時頃でしょうか、
気分が悪くなり起きてしまいました。

吐き気と息苦しさがあり、とても耐えられない
ような感覚に襲われました。
体の震えもあり、とにかくつらかったです。

その時、寝る前に薬飲むのを忘れたのを思い出しました。
すぐに薬を飲みました。

しばらくすると症状が落ち着いたので、
朝までまって病院に行きました。

息苦しかったのでまずは、心臓の検査に行きました。
心電図で異常なし。念のため24時間の心電図もとりましたが、
それも異常がありませんでした。

その後、いつも通っている心療内科へ行きました。
症状を説明したところ、
いきなり薬を飲むのを止めた場合にはそういう症状が
出る場合があるということでした。
ときどきそういうこともあるので、あまり気にしないように
ということでした。


メイラックスを飲んでいたときは、
飲み忘れたからとって、夜中に気分が悪くなっておきると
いうことはありませんでした。

パキシルという薬は強い薬なんだなと改めて感じました。





その後パキシルを飲む量は毎日2錠から1錠に減ります。

1錠からさらに、週末だけパキシルを飲まないという方法を
とってみました。

最初飲むのをやめたときは、夜中に少し気分が悪くなったのですが、
すぐに回復しました。

それを1ヶ月ほど続けていたでしょうか。

会社で大勢参加しているミーティングのときに不安な気分が襲ってきました。
また、仕事をしているときも息苦しさが強くなりました。


心療内科で相談してみると、パキシルは2〜3週間の摂取量の影響が
でるので、週末に薬を飲むのをやめたことが影響しているかもしれないと
いうことでした。

それから週末も1錠にもどしています。
posted by アンクルマサ at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会不安障害克服日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

回復

新しい治療で変わったのは薬です。

いままでのメイラックスに加えてパキシルという薬が処方されました。

飲んですぐはあまり効いているという感覚はありません。数週間は吐き気が続きました。
パキシルは一錠から飲みはじめて、二錠、三錠と増えていきました。


症状がない状態をしばらく作るのが大事らしく、完全に症状がなくなるまで薬を徐々に増やしていきました。

そしてパキシル四錠(40mg)とメイラックス二錠(2mg)というこれ以上は増やせない服用の上限まできました。ここまで飲むと症状の方はほとんどなくなりました。

しかし、便秘がひどくほとんど便が出ません。下剤を飲んでやっと便が出るという状態でした。

また、夜ご飯を食べてパキシル4錠を飲んだあとに、
部屋で本を読んでいるといつの間にか寝てしまうときが
ありました。

座りながら寝てしまうことがほとんどない自分にとって
ソファーに座りながら寝てしまい、気づいたら2時間過ぎていた、
ということは驚きでこの薬ほんとうに強いなあ、という印象でした。

また、薬を飲んだあとに部屋で横になり寝てしまい、
おふろに入るように呼びにきた母が、私のもうろうとした
反応に、薬のことを先生にきちんと相談した方がいいのでは、
と心配していたのを覚えています。

半年くらいその状態が続いたでしょうか。

症状の方はあまり気にならなくなっていたし、
なんといっても便秘がひどく、
会社でふんばっていたら便が大きすぎて出かけた
状態で止まってしまい、そのまま病院に運ばれて
先生にほじくりだしてもらってやっと出たというこがありました。

その便の大きさを見て先生はただ一言「うわ、でけえ〜」

と言っていました。

そういうこともあり、心療内科で処方されている
メイラックスとパキシルの量を少しづつ減らしていく
ことになります。

最初はメイラックスから減らしていきます。

毎日二錠飲んでいたものを

2錠、1錠、2錠、1錠といった具体にしていきます。

数ヶ月経っても症状が落ち着いていれば、
今度は

1錠、1錠、1錠。。。 といった具合にしていきます。


また数ヶ月様子を見ます。
そしてその次は

1錠、飲まない、1錠、飲まない。。。

といった具体でメイラックスは完全に飲まない状態まで持って行きました。


その次はパキシルです。

パキシルは4錠飲んでいたものを3錠にして

数ヶ月経っても症状が落ち着いていれば、
今度は

2錠にしていきます。

また数ヶ月様子を見ます。
そしてその次は

1錠にしていきました。

しかし、ここから0にするのがむずかしく、
現在も毎日1錠づつ飲んでいます。

1錠から0錠にしよう試みたのですが、、、 (つづく)



同じように社会不安障害を抱えながら生活している方々のサイトをご紹介します。


社会不安障害と闘う日記
http://putoremaiosu.blog19.fc2.com/
親ばかインコ日記
http://plaza.rakuten.co.jp/siroharu/diary/200804160000/
若年性アルツハイマー介護日記
http://suriburi.blog37.fc2.com/blog-entry-365.html
社会不安障害 ( Social Anxiety Disorder : SAD ) 治験日記
http://saddiary.exblog.jp/
〜こんな私でも結婚しています〜
http://blogs.yahoo.co.jp/subu1006/6238615.html

ぼちぼち日記
http://blogs.yahoo.co.jp/k_aratama/18318268.html
posted by アンクルマサ at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会不安障害克服日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

告白

2004年、会社でメンタルヘルスの講義が産業医からありました。

参考になると思い参加してみました。

うつ病や神経症の説明があり、
もしそれらの症状で悩んでいる人がいたらすぐに健康管理センターへ
連絡をくださいとのアナウンスされました。

早速健康管理センターへメールで症状を説明すると
一度産業医に会いにきてくださいと言われて日時を予約しました。


精神科の産業医の方と面談ました。

当時の

森田療法のカウンセリングに月一回行く。
内科医のおじのところへ薬を月一回とりにいく。

という治療だったので、
きちんと精神科神経科や心療内科に通った方がよいとアドバイスをうけました。

その先生のアドバイスもあまりしっくりこない感じでしたが、
いくつか病院を回ってみました。

それでもあまりここに行って治療をうけようという病院は
見つかりませんでした。

また、いままで職場の周りの人に一生懸命症状のことを隠してきて
つらかったので、これを機に上司に症状のことを話したいと相談しました。

その後健康管理センター経由で上司の方に説明があり、
後で上司から呼ばれて症状のことを話しました。

これで何かあっても症状のことを知っている人がいるので
少し安心しました。たとえ会食のときや会議のときに取り乱しても
そういう症状のことを把握している上司がいるということで
少し開き直れました。

ただ、仕事はいまのままの量で大丈夫であると上司に伝えていたので
業務に特に変更はありませんでした。


その後も特に症状のことで上司と話すことはありませんでした。

上司が心配して声をかけてくるということもなかったです。
その上司はその後しばらくして他の部署へ移動されました。
次の上司に症状のことが話されたかどうかはわかりません。
おそらく話されていなかったと思います。。

そんな時に健康管理センターのスタッフの方から、
別の精神科の産業医の方を紹介されました。
前の産業医の方との相談にいきずまっていたのを
察してくれたのかもしれません。

その先生は私の症状を聞き、
すぐに迷うずカルテに「社会不安障害」

と書きました。

このとき私は始めて「社会不安障害」という言葉を聞きました。

そして、その先生に「これは治るのですか?」

といったところ、「治る」という自信を持った言葉が返ってきました。

その先生とは合いそうだったので、その後先生がふだん
勤務されている病院に通い治療を受けるとになりました。

そして新しい治療がはじました。。 つづく


posted by アンクルマサ at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会不安障害克服日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

精神療法

薬を飲んで最初のうちは効いていたが、完全に消えるわけではありませんでした。

しばらく飲み続けていると慣れてきたのかあまり効いていない感じがしはじめました。

薬ではなおらないと思いはじめて他になにか良い方法がないかを探していたところ森田療法の本に出会いました。

「くよくよするな」と言われてもくよくよしてしまう人のために
 (三笠書房)


これはいけると思い、カウンセリングを申し込み、それから一年半ほど一ヶ月に一回カウンセリングに通いました。


一時間弱のカウンセリングで料金は3万円、まだ社会人四年目の私にはきつかったですが、これで治るのなら安いものだと自分に言い聞かせました。



・不快な症状を受け入れる
・目の前の仕事に集中



というシンプルですがとてもためになるアドバイスを
わかりやすく説明していただきました。

とても気が楽になり会社生活をおくれるようになったのを
覚えています。

ただ、カウンセリングはあくまでも話をしてアドバイスをもらう
という形になります。
実際にそれで治るかというとそういうわけではありませんでした。

理屈でいくら納得しても実践となるとうまくいかないことが
あるというのはここだけの話ではないと思います。

気は楽になり会社生活に取り組めるが症状はやはりまだ
ある、といった感じでしょうか。

理屈で納得して、実践を繰り返していくうちに徐々よく
なっていくかなと思っていたのですが、よくなったと思ったら
また症状があるといった感じを繰り返して生活していました。

しばらくして転勤になり今度は実家の近くへの事業所でしたのでこのタイミングで実家に戻りました。
実家に戻り少し安心したものの会社での症状は依然続いていました。

つづく。。。 次回は「告白」
posted by アンクルマサ at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会不安障害克服日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

治療

2001年、部署移動があり人前での食事は避けられなくなってきました。


仕事中に息苦しくて、その場にいるのがやっとという状態になり、
思い切って病院にいってみました。

そこでもらった薬を飲んでみたが逆に体調が悪くなり薬を飲むのを
やめて病院へ行くのもやめてしまいました。

その頃パニック障害という言葉が一般的になり自分もこれなんだ
(実際には社会不安障害であるがそのときはまだわからず)
と思いました。

人前での食事、会議での緊張、仕事中の息苦しさは増していきました。

このころは人と接することもできるだけ避け始めました。
(自分の周りに自分で壁を一生懸命作りつづけているような感じ)

とても孤独で精神的にもいちばんつらかったです。

症状は会社だけではなく、週末などに外で食事するときも気分が悪く
なり、レストランで注文してほとんど食べないまま出てきたこともありました。

周りの客や店員からへんだと思われていないかが気になり、
悔しかったです。

外食はむずかしくなったので、食事は弁当が多かったです。
週末になると家には弁当の空箱がたくさんごみ袋につまっていました。


もう耐えられなくなり、再度病院を探していってみました。
そのときには前とは別の薬を渡されました。

薬の名前は「メイラックス」

この薬は飲んでも調子悪くならず、
飲むとボーっとして症状は少し楽になったので
病院に通いつづけ薬を飲み続けました。

2週間に一度病院に行き、ただ薬を渡されるだけという
治療でした。

調子が悪いながらもなんとか会社だけには行き続けました。。。(つづく)
posted by アンクルマサ at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会不安障害克服日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。