2008年04月28日

薬を忘れた時の症状

薬を忘れた時の症状


パキシルを2錠(20mg)を飲んでいたときです。

ある晩飲むのを忘れたまま寝てしまいました。

そして夜中の3時頃でしょうか、
気分が悪くなり起きてしまいました。

吐き気と息苦しさがあり、とても耐えられない
ような感覚に襲われました。
体の震えもあり、とにかくつらかったです。

その時、寝る前に薬飲むのを忘れたのを思い出しました。
すぐに薬を飲みました。

しばらくすると症状が落ち着いたので、
朝までまって病院に行きました。

息苦しかったのでまずは、心臓の検査に行きました。
心電図で異常なし。念のため24時間の心電図もとりましたが、
それも異常がありませんでした。

その後、いつも通っている心療内科へ行きました。
症状を説明したところ、
いきなり薬を飲むのを止めた場合にはそういう症状が
出る場合があるということでした。
ときどきそういうこともあるので、あまり気にしないように
ということでした。


メイラックスを飲んでいたときは、
飲み忘れたからとって、夜中に気分が悪くなっておきると
いうことはありませんでした。

パキシルという薬は強い薬なんだなと改めて感じました。





その後パキシルを飲む量は毎日2錠から1錠に減ります。

1錠からさらに、週末だけパキシルを飲まないという方法を
とってみました。

最初飲むのをやめたときは、夜中に少し気分が悪くなったのですが、
すぐに回復しました。

それを1ヶ月ほど続けていたでしょうか。

会社で大勢参加しているミーティングのときに不安な気分が襲ってきました。
また、仕事をしているときも息苦しさが強くなりました。


心療内科で相談してみると、パキシルは2〜3週間の摂取量の影響が
でるので、週末に薬を飲むのをやめたことが影響しているかもしれないと
いうことでした。

それから週末も1錠にもどしています。
posted by アンクルマサ at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会不安障害克服日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94989462

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。