2008年04月25日

回復

新しい治療で変わったのは薬です。

いままでのメイラックスに加えてパキシルという薬が処方されました。

飲んですぐはあまり効いているという感覚はありません。数週間は吐き気が続きました。
パキシルは一錠から飲みはじめて、二錠、三錠と増えていきました。


症状がない状態をしばらく作るのが大事らしく、完全に症状がなくなるまで薬を徐々に増やしていきました。

そしてパキシル四錠(40mg)とメイラックス二錠(2mg)というこれ以上は増やせない服用の上限まできました。ここまで飲むと症状の方はほとんどなくなりました。

しかし、便秘がひどくほとんど便が出ません。下剤を飲んでやっと便が出るという状態でした。

また、夜ご飯を食べてパキシル4錠を飲んだあとに、
部屋で本を読んでいるといつの間にか寝てしまうときが
ありました。

座りながら寝てしまうことがほとんどない自分にとって
ソファーに座りながら寝てしまい、気づいたら2時間過ぎていた、
ということは驚きでこの薬ほんとうに強いなあ、という印象でした。

また、薬を飲んだあとに部屋で横になり寝てしまい、
おふろに入るように呼びにきた母が、私のもうろうとした
反応に、薬のことを先生にきちんと相談した方がいいのでは、
と心配していたのを覚えています。

半年くらいその状態が続いたでしょうか。

症状の方はあまり気にならなくなっていたし、
なんといっても便秘がひどく、
会社でふんばっていたら便が大きすぎて出かけた
状態で止まってしまい、そのまま病院に運ばれて
先生にほじくりだしてもらってやっと出たというこがありました。

その便の大きさを見て先生はただ一言「うわ、でけえ〜」

と言っていました。

そういうこともあり、心療内科で処方されている
メイラックスとパキシルの量を少しづつ減らしていく
ことになります。

最初はメイラックスから減らしていきます。

毎日二錠飲んでいたものを

2錠、1錠、2錠、1錠といった具体にしていきます。

数ヶ月経っても症状が落ち着いていれば、
今度は

1錠、1錠、1錠。。。 といった具合にしていきます。


また数ヶ月様子を見ます。
そしてその次は

1錠、飲まない、1錠、飲まない。。。

といった具体でメイラックスは完全に飲まない状態まで持って行きました。


その次はパキシルです。

パキシルは4錠飲んでいたものを3錠にして

数ヶ月経っても症状が落ち着いていれば、
今度は

2錠にしていきます。

また数ヶ月様子を見ます。
そしてその次は

1錠にしていきました。

しかし、ここから0にするのがむずかしく、
現在も毎日1錠づつ飲んでいます。

1錠から0錠にしよう試みたのですが、、、 (つづく)



同じように社会不安障害を抱えながら生活している方々のサイトをご紹介します。


社会不安障害と闘う日記
http://putoremaiosu.blog19.fc2.com/
親ばかインコ日記
http://plaza.rakuten.co.jp/siroharu/diary/200804160000/
若年性アルツハイマー介護日記
http://suriburi.blog37.fc2.com/blog-entry-365.html
社会不安障害 ( Social Anxiety Disorder : SAD ) 治験日記
http://saddiary.exblog.jp/
〜こんな私でも結婚しています〜
http://blogs.yahoo.co.jp/subu1006/6238615.html

ぼちぼち日記
http://blogs.yahoo.co.jp/k_aratama/18318268.html
posted by アンクルマサ at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会不安障害克服日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。